タイミング法 確率

MENU

タイミング法で妊娠する確率は?何ヶ月くらいでステップアップする?

 

不妊治療でまず初めに行うのがタイミング法です。
タイミング法だけで妊娠する人はどれくらいいるのでしょうか。

 

成功率やステップアップの時期について詳しく紹介していきます。

 

タイミング法の成功確率は?何カ月続ければいいの?

不妊治療を始める時の年齢が35歳未満の場合は、まずタイミング法を行います。

 

排卵日に合わせてセックスをする方法ですが、タイミング方法で妊娠できるかどうかは個人差が大きいと言われています。

 

すぐに妊娠する人もいれば、1年以上続けても授かれないという場合もあります。

 

平均すると1回目の成功確率は約30%、2〜3回目で約20%、4回目以降で約10%です。
9割以上の人がタイミング法を始めて半年以内に妊娠できるということになります。

 

ただし、タイミング法を始める時の年齢や、精子や卵子の質によっても成功確率は異なるので、あくまでも目安と考えましょう。

 

自己流で行っている場合は正しくできているかチェック

 

タイミング法は、病院での指導を受ける前に自己流で行うことも可能です。

 

タイミング法とは「排卵日を予測して、一番妊娠しやすい日にセックスをする」という方法なので、排卵日を予測するために基礎体温をチェックする必要があります。

 

毎朝横になった状態で基礎体温を測り、グラフにしていきましょう。
高温期と低温期の間にある排卵日を予測して排卵日の前後2日間にセックスできるようにします。

 

自己流タイミング法で重要なのは、基礎体温がきちんと測れているかどうかです。朝起きてすぐに測れるように基礎体温計を枕元に用意しておきましょう。毎日忘れずに計測することも大切です。

 

おりものの状態も毎日チェックすると良いでしょう。

 

排卵日が近づくと粘り気のある白いおりものがでるようになります。基礎体温と併せておりものの状態をチェックして、できる限り正確な排卵日を予測しましょう。

 

ただし、自己流タイミング法では予測した排卵日が実際の排卵日からずれてしまうことがあります。5回以上試しても授からなかったという場合は、病院で超音波を使ったより正確なタイミング法に切り替えましょう。

 

なかなか授からない場合は夫婦で検査すること

不妊治療でタイミング法を始めて半年経っても授からない場合は、夫婦のどちらかまたは両方に不妊の原因がある可能性が高いです。

 

夫婦で検査をして、医師の指導のもと具体的な不妊治療を始めましょう。
不妊の原因が分かれば、薬などで治療することもできるかもしれません。

 

人工授精や体外受精などにステップアップする方法もありますから、まずは検査で不妊の原因を探りましょう。

 

早めのステップアップも視野に入れておきましょう

タイミング法を試しても授かれず、検査をしても異常なしということはよくあります。
夫婦ともに問題なくてもなかなか妊娠できないという場合もあるのです。

 

できるだけ早く授かりたいと希望するなら、医師と相談しながら早めにステップアップすることも検討してみましょう。

 

こちらを読んだ人はこちらの記事も読んでいます
妊娠したいと思ったときに始める4つの準備※妊娠しやすい体に!!