太りすぎ 痩せすぎ 妊娠

MENU

太りすぎ・痩せすぎは妊娠力を低下させる!?理想体型を保とう!

妊活の一つとして理想体型を保つということがあります。太り過ぎていたり、痩せすぎていたりすると妊娠力を低下させてしまうんですよ。

 

自分は妊娠しやすい体重になっているかどうか調べる方法から太り過ぎや痩せすぎが与える妊娠への影響を紹介していきたいと思います。

 

適正体重ってどうやって調べるの?

適正体重は身長(m)×身長(m)×22で出すことができます。

 

例えば、1m60cmの人の適正体重は、1.6×1.6×22 = 56.32になります。

 

簡単に調べることができるので、是非計算してみてください。適正体重に比べて太り過ぎていたり痩せすぎたりしている人は妊娠しにくい体になってしまっている可能性が高いので要注意です。

 

太りすぎているとどんな障害がおこるの?

肥満と不妊の関係性は高く、太りすぎていると排卵障害、多嚢胞性卵巣症候群、黄体化未破裂卵胞になる可能性があると言われています。

 

なんか難しい症状の名前が出てきましたが、簡単に言うと「太ってるのが原因で赤ちゃんができにくい症状になりやすいですよ」ということです。

 

どの症状も太っているのが原因でホルモンバラン図の状態が崩れてしまい、卵巣や排卵に影響が出てきます。

 

関連記事
太り過ぎ注意!!肥満気味の方がなりやすい3つの不妊の症状

 

痩せすぎているとどんな障害がおこるの?

痩せすぎている方が妊娠しにくい状態だというのはなんとなくわかりますよね。体に必要な栄養が十分に摂取できていないために血流も悪くなりますし、生殖機能も正常に働かなくなってしまいます。

 

痩せすぎていると食事栄摂った栄養は生命維持のために使われることが優先されるので、生殖活動につかわれるのは後回しになってしまうのです。適正体重の人に比べて4倍も妊娠しにくいと言われています。

 

そのため、月経不順や無排卵月経、着床障害を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

 

太り過ぎや痩せすぎは妊娠力を下げるだけでなく健康のためにも良くありません。赤ちゃんが欲しいと思ったら、妊娠しやすい体作りのために、まずは食生活を見直して理想体型を目指しましょう。

 

関連記事
痩せすぎだと妊娠しにくい!痩せている人がなる3つの不妊の症状