妊娠しやすい人 妊娠しにくい人

MENU

妊娠しやすい人と妊娠しにくいひとの特徴は?

妊活を頑張っているのになかなか赤ちゃんができない、という悩みを抱えている人は多いと思います。悩みやプレッシャーからくるストレスがさらに妊娠しにくい環境をつくってしまう・・・という悪循環に陥ることも。

 

どんなに頑張っても妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の差があることは変えられない現実です。妊娠しやすい人と妊娠しにくい人にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

妊娠しやすい人の特徴は?

・生理周期が安定している
・自分なりのストレス発散法がある
・生活習慣、食生活が正しい
・ポジティブ思考

 

なかなか授からないとなんとなくプレッシャーを感じ、ストレスを感じますよね。ストレスが原因でホルモンバランスが崩れ、生理周期も乱れて、どんどん妊娠しにくい環境になってしまうのです。

 

だから、ストレスを溜めずに上手く発散している人は妊娠しやすい人の特徴と言えるでしょう。

 

ポジティブに物事を考えられる人は基本的にストレスを溜めにくいので、妊活もすぐに成功する確率が高いです。ストレスが溜まらない思考にするのが妊活成功へのカギとなりそうですね。

 

妊娠しにくい人の特徴は?

・悩みやすくストレスを溜めやすい
・冷え症
・高齢妊娠を希望している人

 

前述したように、ストレスを溜めやすい人は妊娠しにくい体を作ってしまいやすいです。それ以外の特徴としては冷え症の人が挙げられます。

 

身体が冷えると女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。妊活を成功させるためには冷えを回避して、季節に関係なく子宮周りや手首や足首などの末端をよく温めるようにしましょう。

 

冷たい物の摂り過ぎや、露出の多い服装なども冷えを促進してしまうので厳禁です。矯正下着などで体を締め付けることも血行を悪くする原因となるので気を付けてください。

 

また、年を取ればとるほど妊娠率が低下してしまうというデータもあります。妊活を頑張ってもなかなか妊娠できない人の多くは高齢妊娠を希望している人です。

 

関連記事⇒30代になると妊娠率が低下!?葉酸摂取で妊娠力をアップ♪

 

加齢によって体の機能が衰えるだけでなく卵子も老化するため、妊娠率が下がってしまうのです。加齢によって足りなくなってしまう栄養素はサプリ等で補ってあげることが大切です。

 

妊活を頑張っているあなたへ

妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の特徴をまとめてましたが、あくまで特徴です。妊娠しにくい方に当てはまっているから落ち込む必要はありません。

 

赤ちゃんが欲しいと思った時、妊活を始めていくうちに気持ちばかりが焦ってしまうことはよくあることです。

 

でも妊活をしてすぐに授かれるという人は思ったより少ない物。焦らず自分のペースで妊活を進めていきましょう。

 

まずは自分の体を知ることから。基礎体温を付けたり、産婦人科の検診を受けたりして、自分の体が赤ちゃんを授かれる状態なのかどうかを知ることはとても大切なことです。

 

そして、夫婦で妊活をすること。妊活は女性だけのものではありません。夫婦で協力して、生活習慣を見直したり、必要な栄養素を積極的に摂ったりすることで妊娠へと一歩近づけるはずですよ。

 

早く授かりたくて頑張っている方は妊活向けサプリを利用している方も多いです。

 

妊活サプリの摂取を考えている方は「妊活サプリランキング|これで成功!!妊娠しやすい体作り♪」もご覧ください。