基礎体温 上げる

MENU

妊娠したい方は知っておきたい基礎体温を上げる6つのコツ

 

妊活中に基礎体温をつけていると自分の基礎体温が低いということを知り、妊娠しにくいのでは?と悩んでしまうことってありますよね。

 

基礎体温が低いのは生活習慣やストレスによってホルモンバランスが乱れていることが原因だとされています。規則正しい生活をすることで少しずつ良くなってきますが、さらに基礎体温を上げて妊娠しやすくするための6つのコツを紹介します。

 

@暖かい食べ物や飲み物を飲む

基礎体温を上げるためには体を温めることが必要です。女性の多くが悩んでいる冷え症は、妊活の大敵ともいえます。温かい食べ物や飲み物を積極的に摂って、体を温める習慣を付けましょう。

 

AビタミンEを必要量摂取する

ビタミンEは排卵期に基礎体温を上昇させて妊娠の準備をする黄体ホルモンの材料となる栄養素です。ビタミンEをしっかり摂取することで黄体ホルモンを増やすことができます。

 

黄体ホルモンが正常に働くことができれば基礎体温はしっかりと上がっていくはずですよ。ビタミンEを含む食品を積極的に摂るようにしましょう。こちらの「黄体ホルモンを増やす方法!!食べ物やサプリでビタミンEを摂取!!」も参考にしてください。

 

B半身浴や足湯をする

半身浴や足湯は、体の血行をよくするのにとても効果的です。体の血行が良くなると、全身の血流がアップしますよね。子宮内が妊娠しやすい環境に慣れるという効果もあります。

 

脳に十分な血流が行くことで、妊娠に必要なホルモンもたくさん分泌されるようになります。

 

C睡眠をしっかり取るようにする

睡眠は体内のリズムを整えてくれます。自律神経が正常に働くためには十分な睡眠が大事なんです。

 

しっかりと睡眠を取ることで、体のリズムが整い、生理周期も安定していくということはたくさんあるんですよ。生理周期が乱れていて、基礎体温が安定しないという人は毎日しっかり体を休ませるようにしましょう。

 

D老廃物を出す

リンパマッサージや足裏マッサージなどで体の中の老廃物を外に出すことは血流アップにつながります。基礎体温を上げるためにもなりますし妊娠しやすい体を作ることにも効果があります。

 

老廃物を体の中に溜めない生活を心がけましょう。

 

Eヨガやストレッチを行う

ヨガやストレッチも、体の血行をよくするためには効果的です。リラックスして行うことでストレス発散にもなりますから体に良い影響をもたらしてくれるでしょう。

 

軽い運動を毎日続けることは基礎体温アップに効果的なんですよ。

 

基礎体温を上げて妊娠力をアップ!

基礎体温を上げることは妊娠力アップにつながります。

 

普段の生活が乱れているなと感じているなら、まずは規則正しい生活を行うこと。そして、上記で紹介した、「基礎体温を上げる6つのコツ」を実践してみてください。

 

それでも基礎体温がまったく改善されない場合は、産婦人科にあなたの記録しておいた基礎体温のグラフを持って相談しに行きましょう。

関連ページ

基礎体温が低いのは黄体機能不全の可能性あり!!どうやって改善する?
妊活中で基礎体温が低い場合は黄体機能不全の可能性があります。基礎体温が一般的にグラフよりも低いと感じる方はチェック。
黄体ホルモンを増やす方法!!食べ物やサプリでビタミンEを摂取!!
黄体ホルモンを増やすにはビタミンEが重要!黄体ホルモンを増やしてくれる食べ物を見ていきましょう。
基礎体温計おすすめ4選!!排卵日を知って妊娠率をアップ!
妊活中に使いたいおすすめの基礎体温計をチェック!排卵日を知って妊娠率をアップさせましょう。