黄体ホルモン 増やす 食べ物

MENU

黄体ホルモンを増やす方法!!食べ物やサプリでビタミンEを摂取!!

黄体ホルモンは妊娠しやすい体作りのためには欠かせないホルモン。黄体ホルモンが正常に分泌されるようにするためには、黄体ホルモンの材料であるビタミンEを積極的に摂取することが必要です。

 

黄体ホルモンを増やすビタミンEの働き

ビタミンEは、老化の防止から動脈硬化の予防、血流改善、生殖機能の維持など様々な働きをしてくれる成分です。黄体ホルモンの材料にもなっているので食べ物からも積極的に摂取したいところです。ビタミンEを多く含む食品を紹介します。

 

1、あんこうのきも 13,8mg
2、すじこ 10.6mg
3、あゆ 8,2mg
4、モロヘイヤ 6,5mg
5、ほたるいか 4,5mg
6、赤ピーマン 4,3mg
7、しそ 3.8mg
8、アーモンド 29,4mg
9、トウモロコシ油 17,1 mg
10、マーガリン 15、1mg

 

ビタミンEは意識することで食事からも十分に摂ることができます。普段の食事にちょっと気を付けるだけで、求めている栄養が体に摂りいれられるというのは嬉しいですよね。

 

黄体ホルモンをアップさせるためにもビタミンEは毎日欠かさずに摂取できるようにしましょう。

 

サプリで摂取するならベジママがおすすめ

ビタミンEは食べ物からも十分摂取できますがサプリで摂取するとより効率よく体に取り込むことができます。

 

ベジママは妊活サプリとしても優秀なので人気の葉酸サプリなんですが、葉酸の他にもルイボスやピ二トールなどの妊活成分を豊富に含んでいるのが魅力です。

 

そして、注目なのがビタミンEもばっちり配合されいてるというところ。ビタミンEは成人女性で1日8mgあれば必要量は足りています。

 

上限は600mということなので過剰摂取に気を付けたいところです。

 

ビタミンEをサプリで補おうと思ってビタミン系のサプリを利用すると、1粒100mgなどのものが多いので摂取しすぎになってしまいます。摂取しすぎで下痢などが起きてしまうこともありますから要注意ですよ。

 

でもベジママなら妊活成分も豊富+ビタミンEの含有量は8mgと成人女性の必要量なので過剰摂取の心配ありません。同時に葉酸やピ二トール、ルイボスなどの妊活成分も摂取できるので、黄体ホルモンを増やしながら積極的に妊活したいという人にはベジママはとても強い味方です。

 

ベジママに含まれるピニトールは海外で不妊治療に使われることもある成分なので、高い妊活効果が期待出来るはずですよ。是非チェックしてみてくださいね。

 

check⇒ビタミンEをしっかり摂取できる妊活向けサプリ「ベジママ」

関連ページ

基礎体温が低いのは黄体機能不全の可能性あり!!どうやって改善する?
妊活中で基礎体温が低い場合は黄体機能不全の可能性があります。基礎体温が一般的にグラフよりも低いと感じる方はチェック。
基礎体温計おすすめ4選!!排卵日を知って妊娠率をアップ!
妊活中に使いたいおすすめの基礎体温計をチェック!排卵日を知って妊娠率をアップさせましょう。
妊娠したい方は知っておきたい基礎体温を上げる6つのコツ
基礎体温が低くて悩んでいる…ってことありませんか?基礎体温が低い状態が続いている場合は妊娠しにくい状態です。こちらではそんな基礎体温が低くて悩んでいる方に基礎体温を上げるための方法を紹介しています。