ダウン症 羊水検査 費用

MENU

ダウン症かどうか99%分かる羊水検査の費用や検査内容

 

ダウン症かどうかを調べるときに一般的に行われるのが羊水検査です。
診断の精度が高く「確定診断」ができるという特徴があります。

 

高齢妊娠になるとダウン症の発症リスクも高くなるので、病院から薦められることもあり、羊水検査を希望する人は多いですよね。

 

気になる羊水検査の検査内容や、検査にかかる費用などを紹介していきます。

 

羊水検査ではどのようなことをするの?

羊水検査を受けられるのは妊娠15〜17週と決められています。

 

リスクを伴う検査なので、羊水検査を行う前にまず「母体血清マーカーテスト」や「NIPT」などの血液検査を行います。

 

いきなり羊水検査を行うことはほとんどありません。
血液検査で陽性が出た場合、羊水検査に進む選択ができます。

 

羊水検査を受けたいと考えている人は、妊娠17週目までに血液の検査を終わらせておくようにしましょう。

 

羊水検査ではまず、超音波で赤ちゃんの状態を確認して、安全を確かめてから子宮に直接針を刺して羊水を抜き取ります。約20秒で採取完了になりますが、採取後もエコーで赤ちゃんの状態をチェックしていきます。

 

30分程度安静にした後で、再度エコーで赤ちゃんの状態を確認し、検査は終了になります。

 

子宮に針を刺したことで感染症や体調の急変がおこるリスクがありますから、それを防ぐための子宮収縮抑制薬や抗生物質を服用します。

 

検査の結果が出るまでには5日〜2週間ほどかかります。

 

また、羊水検査を受ける時のリスクについてもしっかり知っておきましょう。
検査が原因で、感染症や破水、早産や流産になる可能性も少ないながらあります。

 

赤ちゃんにけがをさせたりウイルス感染させてしまうリスクもあります。
羊水検査でダウン症かどうかわかる確率は99%と、かなり高くなっています。

 

でも、検査結果には100%はありません。

 

ダウン症以外の小さな染色体異常を見逃してしまったり、多胎児では検査が難しくなるなどの問題点もあります。

 

羊水検査をすれば確実に生まれる前に赤ちゃんに障害があるかどうかを知ることができるわけではない、ということは理解しておく必要があります。

 

羊水検査の費用は?

羊水検査にかかる費用は、病院によって異なります。
羊水検査自体の費用は12〜15万円程度が平均ですが、母体血清マーカーテストやNIPTの費用を含めると、30〜40万円くらいかかることもあります。

 

病院によっては、NIPTで陽性が出た場合も羊水検査は検査費用が免除されるということもあります。
費用のことも含めて、羊水検査を希望する場合はまず病院に相談してみましょう。

 

検査結果を受けて、どう判断するか夫婦で話し合いましょう。

出生前検査を受けて、中絶するかどうかを選ぶということには賛否両論があります。
法律上でも「胎児の染色体異常」は中絶の理由として認められていません。

 

羊水検査を受けるということは、出た結果と向き合わなければいけないということです。
陽性が出たときにどう判断するのかも含めて検査の前に夫婦でしっかりと相談しておくようにしましょう。

 

こちらの記事もおすすめです。
ダウン症を防ぐには?赤ちゃんが欲しいと思ったときからしっかり予防!

関連ページ

マカと葉酸どっちがいいの?
妊活にいいと言われているマカと葉酸ですが、どちらを積極的に飲めばいいのか?それぞれの効果を見ていきましょう。
ザクロで妊娠しやすくなる?ザクロの効能をチェック!!
ザクロジュースなどを飲むと妊娠しやすくなると雑誌などにも書いていますが、ザクロの効能ってどんなものがあるんでしょうか?
ルイボスティーの効果は?不妊にもいいって聞くけどどうなの?
妊活雑誌や本を見ると紹介されているルイボスティー。妊活にいいらしいけど不妊治療にも効果的なのか?ルイボスティーの効果を見ていきましょう。
妊娠しやすい体を作る!5種類の授かり食材!
妊娠しやすくなるためには体作りが大事!!5種類の授かり食材を積極的に食べて、妊娠しやすい体を作っていきましょう。
妊娠・妊活中はコーヒーに要注意!!飲むならノンカフェインコーヒー!
妊娠・妊活中のコーヒーはNG!!コーヒーが好きでどうしても飲みたい場合はノンカフェインコーヒーを選ぶようにしましょう。
男の妊活におすすめのマカ!!マカの効果を詳しく見る
男性の妊活におすすめのマカ。マカって聞くと精力増強のイメージがありますが、具体的にはどのような効果があるのか?詳しく見ていきましょう。
妊活中から貯めておきたい|出産費の平均はいくらぐらい?
妊活中にはサプリメントや通院費、病院までの交通費など何かとお金がかかりますが、それに加えて出産費のことも考えなくてはいけません。出産費の平均はいくらなのかチェックして今のうちに貯めておきましょう。
市販の葉酸サプリは止めておけ!!添加物がいっぱい!?
ドラッグストアなど市販で販売されている葉酸サプリはあまりおすすめできません。その理由は添加物の量です。
ビタミンEの効果と過剰摂取による副作用
ビタミンEは妊活にも嬉しい効果のある栄養素。ビタミンEの効果と過剰摂取したときにどんな副作用があるのかを説明します。
30代の妊活|ミトコンドリアを元気にして卵子の老化予防!!
30代からの妊活で大事になってくるのが卵子の老化予防。ミトコンドリアを元気にすることで卵子の老化を防ぎ、妊活の手助けをしてくれます。
中絶や流産を経験すると妊娠しにくくなるのは本当?
中絶や流産を経験すると妊娠しにくくなる…という噂を聞いたことがありませんか?本当に中絶や流産が不妊の原因になっているのかを詳しく見ていきましょう。
女性の不妊の原因は?妊活を始めて1年以上の方は注意!!
妊活を始めてから1年以上経つのにまだ授からない…。という方は不妊症の可能性があります。女性の不妊症の原因について見ていきましょう。
妊娠超初期にはどんな症状が起きる?気になる6つの症状
妊娠超初期にはどのような症状が起こるのか?妊活中でいつもと体調が違うと「もしかしたら妊娠したかも…」と思ってしまいますよね。あなたに今起きている症状が妊娠の可能性があるのか見ていきましょう。
特定不妊治療をサポートする、国内初の保険「シュシュ」って?
日本生命が不妊治療をサポートしてくれる国内初の保険「シュシュ」を発売することになりました。不妊治療をしている方にとっては嬉しい保険です。「シュシュ」とはどんな保険なのか、詳しく見ていきましょう。
妊活中のタバコ・お酒はダメ!!
タバコやお酒が赤ちゃんに悪いということはなんとなく知っていますよね?妊活を始めたらタバコやお酒は控えましょう。
妊活中は身体を温める陽性食品を食べるよう心掛ける!
妊活中を始めたら冷え症の改善をすることで妊娠力がアップします。こちらでは身体を温める食べ物、陽性食品について紹介します。
身体を冷やす陰性食品は控える!!どんなものがあるかチェック!
妊娠を希望しているなら身体を冷やすのはNG!!身体を冷やしてしまう陰性食品について見ていきましょう。
妊活女性の67%が感じている妊活4大ストレス!!旦那・仕事etc…
妊活女性の67%がストレスを感じています。その原因は旦那だったり、仕事だったり、妊娠できないことながあげられます。ストレスは妊活の大敵なので、あまり溜めないことが大切です。
妊活を始めたら仕事は辞めるべき?それとも続ける?
妊活中は仕事を控えたほうがいいのか?妊活中の仕事との向き合い方について紹介しています。
不妊症は女性だけじゃない!男の10人に1人が精子に問題あり
なかなか赤ちゃんができない原因は女性側ではなく、男性側に不妊の原因があるのかもしれませんよ?実は日本人男性の10人に1人が精子に問題があるんです。
妊活ストレスに負けない!幸せホルモン「セロトニン」を増やす方法
妊活をしているときに「ストレスを溜めてはいけない」ってよく聞きますよね。でも、仕事や人間関係でストレスが溜まってしまうのも事実。こちらではストレスを和らげるために「セロトニン」を増やす方法を紹介します。
薄い子宮内膜を厚くするために積極的に摂りたい栄養3選
医師に「子宮内膜が薄い」と言われたことが気になって、「どうにか子宮内膜を厚くしたい!」と思っていませんか?こちらでは子宮内膜を厚くしてくれる栄養素について紹介していきます。
あなたの旦那は大丈夫?育毛剤が男性不妊の原因に!?
あなたの旦那さんは育毛剤を使っていませんか?育毛剤が男性不妊になる原因になっている可能性があるんです…。こちらでは男性不妊と育毛剤についてまとめました。
ダウン症が分かるのはいつ?検査方法や原因・予防法
高齢出産を考えるとダウン症にならないかと心配になる方もいらっしゃいますよね。こちらではダウン症が分かるのはいつなのか?検査方法や原因・予防法について紹介していきます。
妊活中にアボカドを食べることをおすすめしたい4つの理由
アボカドが妊活にいいってご存知でしたか?妊活のために葉酸を含む食べ物を食べたりしますよね。そんな食べ物の一つとしてアボカドがおすすめできる理由を紹介していきます。
妊活中は要注意!!妊娠力を低下させる4つの食品
妊活中って食べ物にも気を遣いますよね。こちらでは妊娠力を低下させる可能性のある食品を4つ紹介しています。妊活中の食べ物が気になる方は気を付けてください。